トップページ 〉 浦幌のこと 〉 【eat in】カナリアで1人…

2022.04.28 Update

【eat in】カナリアで1人時間を楽しみたい!

”eat in”は、浦幌町飲食店の魅力発信するプロジェクトです。2021年度採用の地域おこし協力隊の4人で取り組んでいます。
「eat in:自宅で食事する」には、「家でごはんを食べるように浦幌町で食事を楽しみたい」という思いがこめられています。
魅力発見・発信だけでなく浦幌を訪れるきっかけづくりや、関係人口の増加を目指し、浦幌新参者の4人ならではのなまらうまい‼をお届けします!

皆さんこんにちは!eat in(浦幌町飲食店の魅力発信するプロジェクト)です!

今回は、「喫茶カナリア」の魅力についてご紹介します。

  • カナリアで過ごす 私の至高のひとり時間

店主の須藤尚子さんは「若い方や、女性の方がくつろげるスペースを作りたい」という思いで、1979年に義理のお姉さんと女性2人で喫茶カナリアをオープンさせた。

「派手なお店ではないけれど、カナリアという小さな鳥の様にささやかな喜びや存在のようなお店であり続けたい」そう語る尚子さんが営む「喫茶カナリア」はその名の通り、多くの方に愛される癒し空間として人気が高い。落ち着いた雰囲気の店内、丁寧に淹れられたコーヒー。ここに来ると肩の力がふっと抜けていく感じがする。この日は頑張った自分にご褒美として、少し贅沢なドリンク、カフェ・ド・クープを注文。コーヒーの上にたっぷりとのっている生クリームが嬉しい。程よい軽さの生クリームとさっぱりとしたコーヒーの相性は抜群。一口食べればこの味の虜になること間違いなし。

カフェ・ド・クープ(540円)
  • 喫茶メニュー

薄い狐色に焼かれた生地はもっちりとしていて、小さいながらに食べ応えあり。メープルシロップをたっぷりかけて召し上がれ。

ホットケーキ(450円)

カナリアはドリンクの種類がとっても豊富。ホットコーヒーからバナナジュースまで様々なジャンルが揃えられている。お気に入りのドリンクを、カナリアで見つけてみてはいかがでしょうか。

カフェ・グランドスラム(540円)
ホット・モカジャバ(430円)

「カナリアの生クリームなら食べられる」という声が上がるほど、定評があるカナリアのパフェ。生クリームは、甘さが絶妙でくどさを全く感じさせない。現在はお客さんからの声を受け、ミニパフェも提供中。

ミニパフェ(450円)
  • 喫茶店でゆっくりと昼食を

ランチメニューは種類が豊富!酸味が少なくまろやかなナポリタンの上に、ふわっと柔らかいハンバーグが載ったハンバーグナポリ。付け合わせのサラダも美味しい、チーズたっぷりのドリアなどしっかり食べられるものから、ミックス・エッグ・ハムの3種類から選べて、パクパク食べられるサンドイッチといった軽食もある。中でも、スパゲティーにハンバーグを載せるのが人気!

ハンバーグナポリ(780円)
ドリア(760円)
サンドイッチ(530円)
  • まっちのも〜っとおいしくなる話!!〜カナリア編〜

カナリアはお蕎麦も人気メニューの一つ。「お年寄りの方も食事を楽しめるように」という想いを込めた手打ちそばだが、今では夜にお酒を飲んでから、カナリアにお蕎麦を食べに立ち寄るお客さんが多いそう。コシがありながらもさっぱりとしたカナリアのお蕎麦はお酒を飲んだ後の〆にぴったりな一品だ。

 そしてこのお蕎麦は、8年ほど前に前職を退職したご主人が手打ちしている。ご主人は普段、奥の厨房に居るが、お客さんに呼ばれればカウンターの前まで出てきてくれるそう。そこでご主人と一緒にお酒を飲みながら話し、〆にお蕎麦を食べて帰る。至福のひとときだ。

カナリア

住所 〒089-5613 北海道十勝郡浦幌町字幸町48
電話番号 015-576-2176
営業時間 11:00-22:00
定休日 不定休
駐車場 4台
予約可能/カウンター/テーブル

※本記事は『eat in』vol.3のweb版です。

この記事を書いた人

この記事を書いた人eat in

eat in

浦幌町飲食店の魅力を発信するプロジェクト。浦幌新参者の4人ならではのなまらうまい‼をお届け!
メンバーは、2021年度採用の地域おこし協力隊 佐々木すみれ、続麻知子、上野結子、垰田ななみの4人。

タグから探す

カテゴリーから探す