トップページ 〉 浦幌のこと 〉 林業と畜産業を体験!冬の一次産…

イベント 2024.01.30 Update

林業と畜産業を体験!冬の一次産業ツアー

こんにちは! つつうらうら事務局の風子です。

今回は、3月に「一次産業を複数体験できる」ツアーを行います!
夏・秋のイメージがある一次産業ですが、まだ寒さの残るこの時期でも、浦幌町なら体験できますよ〜!

「一次産業に興味がある」
「動物や自然が好きだけど、その好きを活かせる働き方ってどんな感じ?」
「春休み、北海道の大自然を身体で感じたい!」

そんなあなたに、今回のツアーはおすすめ!
ぜひご体験ください!

この記事の概要
ーーーーーーー
浦幌町にある一次産業を行う企業とつつうらうらがタイアップ!
3月21日〜22日の1泊2日で体験ツアーを開催します。

北村林業株式会社
女性社員の職場環境改善を目的としたトイレカーの導入、国内でまだ未稼働だった伐採機の導入、数十年間効率化されてこなかった植樹や下草刈りを効率化し、働き続けられる林業を目指しています。

山田農場
農場が始まってから70年以上の歴史をもつ浦幌町の農場。山田さんご家族と従業員で運営しており、時代の流れに合わせて牛たちの飼育のIT化にも取り組んでいます。

このツアーは、林業と畜産業の現場に入り、お仕事を見学・体験できる一次産業体験ツアーです。
北村林業に就職される方々は新卒、転職者含めてほとんどが未経験者です。
山田農場で働いている方々は、動物が好き、興味があれば未経験者も大歓迎!
お気軽にご参加くださいね。

お申し込みは、つつうらうらサイト内「お問い合わせ」→「働きたい人・体験したい人」のフォームから!
回答必須項目とこの記事のタイトルをフォームに埋めて送信ください。
担当者からご連絡いたします。
ーーーーーーー
こんな人におすすめ
・一次産業全般に興味がある
・一次産業に携わる人の話を聞きたい
・今年の3月はどう過ごそうか考え中
・北海道、十勝、浦幌町に興味がある
・動物が好き
・自然が好き
・身の回りのモノ、食べ物がどう作られているのが気になったことがある
ーーーーーーー

浦幌町について

帯広と釧路のちょうど間に位置する”浦幌町”
浦幌町は、北海道の道東に位置する十勝エリアの町です。
アクセスは、帯広空港から車で約50分・釧路空港から車で約60分。JR浦幌があるので、電車で来ることもできます。

人口は約4200人。あまり大きな町ではありませんが、中心部には、浦幌町役場、郵便局、銀行、博物館等の公共施設から、飲食店やスーパー、ホームセンター、電気屋さん等々生活を支えてくれるお店が並んでいます。

そして、浦幌といえば外せないのが一次産業!

酪農・農業・漁業・林業といった、一次産業全てがそろっています。

今回企画するツアーではこのうちの林業と酪農業を体験できます!

北村林業株式会社

実は浦幌町の面積のうち7割以上を森林面積が占めています。その数字から捉えると、林業の町と言っても過言ではないほど。

数十年昔の浦幌町では、山から木を切る林業会社、丸太を材に変える製材会社が十数社ありました。それも今では、外国産の木材の輸入や伐採される樹種の移り変わりなどといった社会変化と共に浦幌町の林業も姿を変えて、林業に関連する企業は現在、数社となっています。

そんな中、浦幌町には「100年先も地域やお客様から必要とされる企業」という理念を掲げて、50年、100年先の人々の暮らしに豊かな資源を残すことができるように、行動し、挑戦し、未来に向けて今を育み続けている「北村林業株式会社」という会社があります。(北村林業HP引用:http://kitamura-ringyou.com/)

林業というのは木を植えて切るまでに、30年〜40年かかります。今、切らせていただいている木は先代の方々が未来のために植えてくれた木。そして今植えている木は、自分達の手で切ることがない木かもしれません。

そういった林業という仕事の性質からしても未来を見据えた産業ではありますが、北村林業さんでは木や森を未来に引き渡すために、林業という仕事の働き方の改革にも取り組んでいます。

例にあげると、高い伐倒力を備え全ての工程をこなす次世代型ハーベスター『ハイランダー』を日本でいち早く導入し、現場で稼働させることを実現しました。今現在でも、国内で稼働している数は1桁台と聞いています。

また、女性社員が増えてきたタイミングで、就労環境の改善を目的にトイレカーを導入しました。

そして現在、新たな取り組みとして、造林する上で不可欠な草刈りの仕事を、人力から機械化へ目指しています。これまで数十年間、苗を植えて育てる造林の仕事内容はほとんど変わることがなかったと言われています。その意味は効率化されてこなかったということ。昔ながらのやり方で体を使って行う作業は、やりがいがあるものの決して楽な仕事ではありませんでした。

苗を植える、下草を刈るという造林の仕事の担い手はどんどんと減っています。

植える人がいない・草を刈る人がいないという課題がある一方で、ウッドショックの影響を受け国産材はどんどん伐採されている現状。そんな中、森を育てることにも力を入れているのが北村林業さんです!

※そんな会社を経営している北村社長のことをもっと知りたい方は、こちらのインタビュー記事をどうぞ。
https://kurashigoto.hokkaido.jp/konomachi/20190315100000.php

山田農場

今回体験するもう一つの一次産業は「酪農」!
体験を受け入れてくれるのは、浦幌町の稲穂地区で畑作・酪農業を営んでいる山田農場さんです。

北海道らしさを感じる広い畑と山々に囲まれたところにある山田農場は、なんと70年以上の歴史があります!最初は畑作のみを営んでいましたが、現在は畜産部門にも力を入れています。

農産物の販売および和牛素牛の生産・販売を行い、現在は山田さんご家族と従業員2名で運営しています。

オーナーの山田卓さんは、高校卒業後短期大学に進学。在学中はJICA研修やアメリカ留学を経て、卒業後に山田農場で働き始めました。気さくで、牛たちに付けている名前からも山田さんの温かい人柄を感じます。

少人数で多くの牛たちを飼育しているので毎日のお仕事はたくさんありますが、「ここで働けるようになれば、どの農場でも通用するスキルが身に付く」と従業員の方はいいます。

牛に取り付けたICチップから分娩日の予測をスマートフォンの通知で確認できる等、飼育におけるIT化も進んでおり、山田農場の従業員は、体調が悪い牛が居ない場合や分娩日でない日は夕方頃に全員帰宅するんだそう。

命と向き合いつづけながら、自分たちが働きやすい「環境」や柔軟さのバランスを日々模索されている農場です。

※山田さん、山田農場のことをもっと知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
https://tsutsuuraura.jp/blog/1233/

冬の一次産業体験ツアーを開催します!

一次産業を仕事にするってどんな生活?
北村林業株式会社は、どのような取り組みをしているの?
山田農場で働くってどんな感じ?
浦幌の冬の暮らしは?
そんな疑問にお答えします!

3月21日(木)〜3月22日(金)の1泊2日で開催する冬の一次産業ツアー、皆様のご応募をお待ちしています!

行程スケジュール

一日目
16:00~ 各自ハハハホステルチェックイン
18:00~ アイスブレイク、オリエンテーション、夕食
19:00~ 浦幌町や北村林業(株)・山田農場に関する基礎知識講座

二日目
  8:00~ 北村林業(株)見学
12:00~ 昼食
14:00~ 山田農場体験
16:00~ 浦幌駅にて各自解散(希望者延泊可能)

※雨天時の場合は内容が変更になります。

【開催日】3月21日(木)〜22日(金) 1泊2日
【申し込み締め切り】3月14日(木)
【定員】5名
【参加費】5500円(食事三食付)

【主催】つつうらうら事務局(株式会社リペリエンス)

【お問い合わせ】サイト内のお問い合わせフォームから

タグから探す

カテゴリーから探す